緊急事態宣言とまん延防止等重点措置が全面解除。さあ旅行に出かけよう

公開日 2021.10.30

10月に入り、19都道府県の緊急事態宣言と8県のまん延防止等重点措置が全て解除された。
これにより、約2年間にも及ぶコロナ禍の行動制限がやっと解除された。シニア世代にとって定年退職後の楽しみにしてきた旅行が、海外はまだまだだが、国内に関しては自由に楽しめるようになる。
一般企業に正社員で勤めていると仕事で出張する場合は、業務の必要性と会社の規程に沿った旅行スケジュールや経費が最優先であった。しかし、定年退職をしてボランティア活動に入ると、これまでとは全く違う旅行ができるようになるのである。例えば、東京から名古屋に行く場合は、常に東海道新幹線を利用してきた。しかし名古屋まで内陸部を走る中央本線を利用して旅行することができる。昔風に言えば、「東海道」ではなく「中山道」を行くのである。東京からJR東日本の中央本線(中央東線)で甲府や諏訪湖を経由して信州・長野県松本に、そして松本からJR東海の中央本線(中央西線)で名古屋を目指すのである。
実は今回、初めてこの中央本線で東京都八王子~名古屋間を旅行する。紅葉シーズンに、車窓から見る自然風景や人々の営みを楽しむ。途中、中山道の関所があった長野県木曽町の木曽福島で1泊する。
とにもかくにも、定年退職を機に、これまで経験したことも無い全く違うルートで旅行ができるようになる。日本の市区町村を結ぶ鉄道網はJRだけでも約2万キロ、私鉄や地下鉄等含めると2.7万キロで地球を4分の3周する距離だという。鉄道にこだわるわけではないが、自由になる時間を利用してできる自由で気ままな旅行の楽しみは尽きない。