「この世界の片隅に」とクラウドファンディング

公開日 2021.05.24
スポーツ・文化活動支援事業

2016年11月に公開され、第40回日本アカデミー賞の「最優秀アニメーション作品賞」に輝いた片渕須直監督の「この世界の片隅に」は、企画段階で業界の人々から「ヒットの要素が見当たらない」と評価され、製作資金の調達に難航したということです。

同年のアカデミー賞最優秀賞は庵野秀明総監督の「シン・ゴジラ」で、優秀賞の一つが新海誠監督の「君の名は。」ですから、いくら双葉社の「漫画アクション」で連載されてマンガとはいえ、事前の注目度・話題性で多くが地味でヒットが見込めないと評価するのは当然でしょう。実際、ストーリーは太平洋戦争中の広島市と呉市を舞台にした主婦の日常を淡々と描いたいうものですから。

ところが、この資金難のハンデを、クラウドファンディングのMakuakeを活用して、自力で突破したのです。資金も広報宣伝の手段も無かったので、クラウドファンディングでコアなファンを巻き込んで話題化し、ファン(サポーター)の力を借りて製作を実現したのです。リターンの内容も、製作支援メンバーとして「エンドロールに氏名をクレジット」や「片渕須直監督を囲んで行う製作支援メンバーミーティングへの参加権」などが設定されました。こうして、最終的には目標を上回る3,900万円以上を集めました。その実績が説得材料となり、映画の配給会社も決定して映画化が実現したのです。

地域やジャンルを問わず「スポーツ・文化活動支援事業」を通じて、真面目に取り組むあなたのチャレンジを応援したいSSSOは、クラウドファンディングに注目しています。それは、こうした熱い気持ちの目立たないプロジェクトに出会えると期待しているからです。自薦・他薦は問いませんので、応援可能なプロジェクトがあれば教えてください。宜しくお願いします。