第2四半期のスポーツ・文化活動支援事業の報告

公開日 2021.10.03
スポーツ・文化活動支援事業

「スポーツ・文化活動支援事業」において、2021年度第2四半期9月締切で1件の応募がありました。選考会審査の結果、10万円の支援を実施しました。伝統ある秋田県の高校ラグビー部が、このところの成績低迷を打破し、現役・OBが一体となって強いチーム作りに取り組み全国大会への出場を目指します。

また、以下の3件のクラウドファンディング・プロジェクトを応援しました。

◆タンザニアで農業開発(国際協力)
JICA事業に採択されて本格スタートしたMatoborwa Co. Ltd.の国際協力事業。日本の農産物加工技術を活かし、タンザニアでサツマイモを栽培して干しいも産業の育成等に取り組んでいます。
◆クラフトビールの生産・販売(地域活性化)
神奈川県伊勢原市のアリュウプラスという酒販店が、地元農家の方々とスクラムを組んで、地元の果物を使って地域活性化となるクラフトビールの生産・販売を行っています。
◆昭和女子大学ミャンマーコーヒープロジェクト(国際協力)
ミャンマーの山間部では生活費を稼ぐために麻薬原料となるケシの栽培が行われてきたが、ケシの代わりにコーヒー豆等を栽培する活動が成果を出している。学生らが中心の昭和女子大学ミャンマーコーヒープロジェクトは、ミャンマーコーヒーの日本での広報・販促に貢献します。